悪夢再来

 

二ヶ月前の悪夢が再び甦る。

【閲覧注意】

 

本日も朝から職場の駐車場で「ヤツ」と遭遇。

ヤツとはもちろん野糞の事である。

 

しばらく穏やかだっただけに油断した。

 

今回のヤツは半端なく特盛サイズ。

さらに野糞の上にパンツが乗っかっていて、

その横には靴下まで転がっているというオマケ付き。

 

犯人はすでに漏らした状態でやって来たのかも知れない。

と想像したがそんな事はどうでも良い。

 

今回はどうやって掃除をするか頭を悩ませたが、

犯人に対する怨念を禁じずにはいられなかったので、とりあえず警察に連絡した。

 

すぐに警察官が到着。

現物を確認。

呆れる警察官。

 

そして事務所で防犯カメラの「長嶋2号」と「茂雄1号」に写った映像を解析。

昨夜20時21分に事件発生。

犯人は腕に腕章を付けた警備員のオッサンと判明。

 

こんな大した事件でもない出来事でお呼び立てして申し訳ございません

と警察官に謝ると、屋外排泄は立派な軽犯罪法違反になるとのこと。

 

な、な、なんと!

野糞が軽犯罪法違反ですとー!?

 

知らんかった。

勉強になります!

 

警察官はこれから夜間のパトロールを強化して下さるそうで、

証拠写真としてデジカメで大便を撮影して帰って行かれた。

 

その後野糞処理のため一時間奮闘。

 

うちの会社の裏に警備会社がある。

犯人は裏の方向からやって来た。

犯人の制服と、裏の警備会社の警備員の制服が一致する。

恐らく犯人は裏の警備会社の警備員であろうと睨んでいる。

 

おいおい、警備員やったらおのれの肛門もしっかり警備しとかんかい!

 

犯罪抑止のため警備会社の監視カメラを設置しているにも関わらず、

犯罪を犯すヤカラが別の警備会社の社員とは。

 

マッチポンプじゃあるまいし。

 

次回も警備員に大便放置をされたら、軽犯罪法違反で逮捕してもらうしかない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です