再び、泥棒と遭遇 <中編>

 

やれやれ。

大家さん、ようやく諦めてくれたか。

ほっとしていると

足音が裏手に回り込み、敷地内に入って来た。

 

友人の部屋はマンション一階の一番奥の角部屋だったため、

奥に入り込んで通路から裏手のテラスに回り込める

無防備な造りになっていた。

なので、下着ドロボーは取り放題だ。

 

足音はテラスにやって来た。

カーテンは閉めていたが、窓の外に人が立っているのがわかる。

 

突然、窓をガタガタと上下左右に動かし乱暴に開けようとする。

窓の鍵が壊れそうな勢いだ。

 

ちょっと、ちょっと、大家さん?

そんなに乱暴にすると自分の建物が壊れますわよ?

 

と思いながら、おもむろに立ち上がりカーテンを勢いよく開けると

そこには黒いサングラス、赤い広島カープのキャップ帽を被った

不審な男が立っていた。

 

男は驚き、来た道を引き返し慌ててダッシュで逃げた。

 

私は一瞬、なぜ広島カープ?

と迷いのような雑念が脳裏をよぎったが、

すぐに泥棒だと気付いたので、

というか、直前まで大家さんだと思い込んでいたが、

高速でテラスの窓を開けて

「ドロボー!」「ドロボー!」

と叫んだ。

 

私は急いで部屋の中に入り玄関に直行。

傘を片手に靴を履いて外に飛び出し、再び

「ドロボー!」「ドロボー!」

と、まるで号外新聞を配る社員のように何度も叫んだが、

窮地に立たされた泥棒の逃げ足は

当時のカール・ルイスよりも瞬足だった。

 

 

<後編につづく>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です