妖怪「乳放り出しオバハン」

 

ドヤ街をチャリンコで走行中

後ろから女性の怒鳴り声が聞こえた。

 

振り返ると、なにやらオラオラと悪態をつきながら

上半身肌色の服を着たイガグリ頭のオバハンが

全力疾走でこちらに向かって走って来た。

 

よくよく見ると上半身肌色の服ではなく

上半身が真っ裸で垂れ下がった乳を放り出し

下半身はステテコ一枚のみといういでたちだった。

しかも裸足と来たもんだ。

 

妖怪とはこのオバハンのことを言うのか。

エルフの妖精ではないことは確かだ。

 

突然、魑魅魍魎(ちみもうりょう)の中に迷い込んだような

非現実的な出来事に遭遇するとさすがに驚きを隠せず

自分はまだまだ甘いなと痛感する。

 

最近の私の中の統計では

頭おかしい女性ほど

必要以上にやたら肌を露出したがるような傾向があると見ている。

 

例えば、パンツ丸見えで歩くとか、

下着を付けずに露出ギリギリアウトの状態で歩き回るとか、

わざとか?と思うような姿で街を闊歩する。

ビジュアルの汚さが脳裏に焼き付いて離れない。

 

少し歩けば、ゴミの日に大量の衣類が出るので

せめてその衣類で触手のような乳を隠して欲しい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です