再び、泥棒と遭遇 <後編>

 

悔しい。

今回も逃してしまった。

私はいつになったら泥棒を捕まえることができるのだろうか。

 

とりあえず、仕事中の友人に電話を入れた。

友人はすぐに警察と大家さんに電話を入れ、

5分後には警察官がやって来て

泥棒の特徴を伝えたあと

パトロールを強化して下さるとのこと。

 

刑事ドラマでよく観る、犯人が触った場所に

耳かきのフワフワの毛みたいなもので白い粉をつけて

指紋を採取するシーン。

あの展開を期待したのだが、現実にはそれはなかった。

 

その後大家さんが、テラスに回り込める通路を

フェンスと有刺鉄線で塞いで、

誰もテラスに入れないよう早急に対処してくれた。

 

それから、友人のマンションで泥棒騒ぎは起きていないので

あの日、偶然私が居て良かったと思う。

 

ちなみに、泥棒はたまたま広島カープのキャップ帽を被っていたが、

広島カープは何も悪くないので誤解のないように。

 

悪いのは泥棒本人なのであって、

そんな悪質な奴は広島カープのキャップ帽を被るべきでない。

広島カープが汚れる。

 

 

という過去の出来事を姪っ子にドヤ顔で話したのだが、

なぜ泥棒を捕まえなかったのかと責められ、

そんな話は怖くないからもっと怖い話をしろと要求された。

 

仕方がないので、もう一つある泥棒遭遇体験第三弾の話を披露して

勘弁してもらおうと思った。

 

 

<つづく>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です