消えたホームレスのおっちゃん

 

この界隈ではホームレスのおっちゃんたちをよく見掛ける。

すぐ隣町が「日本のスラム街」と称される「西成あいりん地区」なので、

おっちゃんたちが足を伸ばして物色しにやって来るのだろう。

 

2011年の東日本大震災以降おっちゃんたちの数が急激に減った。

 

震災当時、福島原発の最前線で働く作業員は日当5〜7万円と言う噂が流れて、

おっちゃんたちはこぞって応募したのだろうか。

瞬く間にホームレスのおっちゃんたちの姿が消えた。

 

コンビニのゴミ箱を漁るおっちゃん。

リアカーで大量のダンボールを積んで引くおっちゃん。

チャリンコに大量の空き缶を積んで運ぶおっちゃん。

 

少しでも元気そうなおっちゃんはみんな居なくなった。

 

残ったおっちゃんは体の弱そうなお年寄りばかりだ。

 

現在では日当5〜7千円だとか。

日当1万円に届かないという噂。

どこまで本当なのかわからないが、

10分の1に減っている。

 

あれからホームレスのおっちゃんたちを見掛けることはないので、

現在はホームレスから足を洗っているのかも知れない。

 

白血病や甲状腺癌など都合の悪い報道は一切されないが、

どこかで元気に暮らしていることを願う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です