野糞との歩み

 

野糞禁止の写真入り注意書きを作成する以前は、

だいたい2〜3か月に一回くらいの割合で人糞テロが発生しており、

毎回掃除をしながら

「ここで野糞するヤツ全員直腸ガンからの人工肛門!」

と呪ってみたり、

 

防犯カメラの録画を逆再生して犯人を見つけ出し、

ほとんど効果のない注意書きの紙を作成して壁に貼り付けてみたり、

 

警察官による深夜の巡回を強化してもらったり、

 

考え付くあらゆる対策を講じて来たのだが、

なぜかその隙をついて2~3か月後には必ず

特盛オマケつき人糞放置をされるという数奇な運命。

 

人糞テロの脅威は果てしなく続き、

しかも犯人は毎回別人で、

中にはピチピチギャルや老女もいるから驚きだ。

 

そうこうしている間に処理の方法を自ら考案、そしてマスター。

ついには人糞と遭遇しても特に動じず、

人糞放置したヤツの体調までわかるようになり、

感情に振り回されることなく手早く処理できるほどの腕前に。

 

自らを「人糞処理マイスター」と呼べるまでに成長した。

 

もう何が起きても怖くない。

人糞なんぞいつでもWelcome。

二か所同時多発テロなんて朝飯前。

春夏秋冬365日エブリデイ処理してやるぜ。

ゲロ処理だってなんのその!

 

こうして心の歌詞にできるほどの余裕。

人間の成長とは恐ろしいものだ。

 

そんな私が考案した処理方法を、

人糞被害にお困りのみなさまに是非とも気持ちよく伝授したいと思います。

 

 

次回をお楽しみに。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です