今日からあなたもマイスター!簡単な野糞処理の方法 <前編>

 

ここから先は【閲覧注意】になりますので、

これ以上先を読み進められる方は自己責任でお願いいたします。

 

それでは、参りましょうー!

 

もしも身近な敷地内に不覚にも人糞と遭遇し、

処理を余儀なくされた場合の撤去方法。

 

まずは簡単!

放置、乾燥させて下さい。

 

夏は約5〜7日間放置。

冬は約10〜14日間放置。

春・秋は約7〜10日間放置。

 

夏場は強烈な悪臭とハエの発生がありますので、

なるべく近付かないように、

また誰かが踏んで二次被害や三次被害とならないよう周知して下さい。

 

特に注意していただきたいのは、

夏場はあまり長期間放置しすぎると糞が地面にしつこくこびりついて

水やお湯ではなかなか取れない危険性があります。

ですので、だいたい7日間までが妥当かと思われます。

 

放置後は全体的に固まり、一回り小さくなります。

ニオイもほとんどなくなります。

色も真っ黒の塊に変色しますので、見た目は一瞬

宇宙から飛来した隕石、

もしくは冷えて固まった溶岩石

と見間違えてしまうかも知れません。

 

しかし、好奇心に身を任せてうっかり触ってしまわないように注意しましょう。

 

 

<後編につづく>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です